08/13/2020

フリーランスのエンジニアの働き方は主に2パターンあります。クライント先に常駐するかしないかです。

常駐しないフリーランスのエンジニアはIT企業に勤務するエンジニアと比べると、勤務時間や仕事の幅、職場の場所などの点で自由度が高くなっています。例えば、自宅にオフィスを構えてインターネット上で固定のクライアントに対応するフリーランスのエンジニアは、子育て中や介護をしている方、定年退職後の方も都合の良い時間を使って作業に取り組みやすく、仕事を長続きさせやすいといった利点があります。一方、事業を開始してからクライアントを獲得できるまでに長い期間が掛かってしまったり、思うように自分の得意な仕事を獲得できなかったりすることもあるため、将来に向けて現実的な事業計画を立てる必要はあるでしょう。

一方、プロジェクトの度に客先に常駐するフリーランスのエンジニアは、一般的なサラリーマンのように出勤をする必要がありますが、安定収入を得やすく、最新のIT関連の情報を仕入れやすいといった魅力があります。また、大規模なプロジェクトを担当する場合には一度に百万円を超える収入を得られたり、次のプロジェクトの際にマネージャーを任されたりすることもあり、仕事を通じてやりがいを感じやすくなっています。

そうした中、IT企業を退職した後に自分に合ったフリーランスのエンジニアの働き方をスムーズに選択したい場合には、在職中からIT分野に強い人材紹介会社のコンサルタントに相談したり、IT関連のウェブサイトやアプリを使って適職診断をしたりすることが大切です。

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー